01 ホーム
02 アクセス
03 医院案内
04 医院紹介
05 診療システム
06 こんな治療を
しています
07 治 療 例
08 リンク集
09 写真集

趣味のブログ↓
歯科関係のブログ↓

アクセスカウンタ
142310

昨日: 0032
今日: 0003
TOP  >  治療例  >  歯周病 メインテナンス  >  症例1 歯周病 メインテナンス

メインテナンスとは

治療を終了した良い状態を出来るだけ長く維持していただくために行う検査と治療行為です。
具体的には患者さんの症状に応じて、3ヶ月から1年の間隔で行います

1 検査(むし歯の検査、歯周病の検査、義歯の調子の検査、顎の検査など)
2 再発予防のためのブラッシング指導
3 しつこい汚れを歯科の機械で取る(専門家による機械を用いた歯面清掃、PMTC)

などを行います。

症例1 歯周病メンテナンス

51歳女性 初診 昭和59年11月12日 

初診 3ヵ月後

下の歯には黒い歯石と黄色のプラークが付き歯ぐきは赤く腫れています
衛生士さんの歯石除去と歯磨き指導で、3ヶ月という短期間に炎症が改善しました。
ご本人もすごく頑張ってよくなった歯肉の状態を維持しようと決意しました。

22年後 22年後

22年後73歳になられましたが、歯肉は炎症が無く良い状態です。
毎日の歯磨きを頑張り、歯科医院をメインテナンスという形で利用しています。

カテゴリートップ
歯周病 メインテナンス
次
症例2 歯周病 歯槽骨回復